テレビから伝わる感動

未分類

こんなご時世の中で開催されたオリンピックが、どんなふうになるのか私が不安に感じるくらいだから、出場する選手たちの不安は計り知れないものだったと思います。オリンピック開催を反対する人たちからの、厳しい意見に胸を痛めた人も多かったと思います。それでも必死に自分を奮い立たせ、オリンピックの舞台に立つ選手たちの姿を見て、言葉には出来ない感動をたくさん貰っています。初めてオリンピック種目になったスケートボードで、金メダルを獲った堀米選手の活躍も素晴らしかったです。日々たくさんの練習をしても結果が出せない人がたくさんいる中で、しっかりと練習の成果を出して、素晴らしい技で勝ちとった金メダルは本当に輝いていると思いました。また金メダルを獲得して当たり前という空気の中、今回のオリンピックに臨んだ、柔道の阿部一二三選手と阿部詩選手が背負っていたプレッシャーは、本当に大きかったと思います。そんな中でもしっかりと自分と向き合い、絶対に兄弟で金メダルを獲るぞという意気込みが、2人の表情からビシビシと伝わってきました。強い2人は世界からかなり研究をされていて、なかなか得意技を出せない状況の中でも、焦ることなく堂々と戦っている姿がとてもカッコよかったです。自分のことに集中しながらも、お互いのことを気にしながら応援する姿に胸が熱くなりました。自分だけじゃなくオリンピックに出場出来なかった選手たちの分まで背負う2人の重圧は、私には全く想像が出来ないくらい大きかったと思います。そんな2人が同時に金メダルを獲得したのを目の当たりにして、感動という言葉では足りないくらい感動しました。兄弟で柔道をしていて、しかも2人ともがオリンピックの代表選手に選ばれて、そして近い階級だったからこその同時金メダルだと考えると、とても難しいことでまさに奇跡だと思いました。でもこの奇跡は偶然に起きたのではなく、一二三選手と詩選手が必死に勝ち取った必然の奇跡だと心から思いました。本当にありがとうと2人に心から伝えたいです。

タイトルとURLをコピーしました